酵素が不足すると?



酵素は生命体が生きていくためには欠かせない物質です。酵素がなければ生命体は生きていくことができません。


人間、動物が食事をして食べ物を消化(分解)⇒栄養素を吸収⇒老廃物を排泄する過程でなくてはならないもの、それが酵素です。


また酵素は消化、吸収、排泄だけでなく、身体を動かしたり、話したり、呼吸したり、物事を考えたり、ケガを治癒してくれるなど、生命活動の根幹をなす、人間が生きていくためにはなくてはならない物です。


ではこれほど重要な酵素が体内で不足するとどーなるのでしょうか?


 酵素が不足するとどーなるの?



◎酵素不足

⇒食べた物が消化されない(消化不良)

⇒腸内に未消化の老廃物が溜まる(腸内環境の悪化)

⇒血液中に未消化の糖分、脂肪、コレステロールなどが混じる

⇒血液がドロドロ状態に

⇒さまざまな病気の引き金に



簡単にいえば、“酵素がなければ生命体は生きていく事が出来ない=酵素がなくなれば生命体は死んでしまう”ということなのです。


逆にいえば体内に酵素が十分にある人は病気にもならず、若々しく生きていく事が出来るのです。


酵素は体内で生成され、つくられる量には個人差がありますが、加齢、特に40歳を過ぎたあたりから急激に生成される量が減少していきます。


しかし酵素は加熱調理されていない「生野菜・果物・海藻・発酵食品(納豆・味噌など)・刺身」などにも含まれていますので、体内で酵素不足が起こらないように「生野菜・果物」など、酵素を含んだ食品を積極的に摂りたいものです。



酵素の知識

酵素サプリ・ドリンク(飲料)

免責事項・リンク集

SNS / bookmarks

サイト更新日


平成30年9月1日

お問い合わせ


Copyright © 2010-2018 酵素食品・ドリンク・サプリの効果は・・・. All rights reserved